包茎といった下半身の悩みは病院に相談【包茎の手術形式はいろいろ】

性交障害の原因にも

男性

手術や投薬での治療も

陰茎にしこりがあって、勃起時に痛みが生じるなど性交に問題があるとして悩んでいるという人も中にはいるでしょう。そういった症状で悩まされている人の場合にはペロニー病が原因である可能性があります。ペロニー病は白人に多い病気とされており、日本ではあまり馴染みがない病気ですが日本人でも発症する人もいます。しかし、あまり馴染みがない病気であるためにペロニー病だとは気付かないケースも珍しくないのです。ペロニー病は陰茎硬化症とも言われており、陰茎海綿体の白膜にしこりが出来てしまう病気であり初期に強い痛みに襲われることが多く陰茎が曲がったり短縮してしまうこともあります。症状が酷くなっている場合には手術によって治療が行われることもあります。陰茎が曲がってしまっている場合には縫縮法と呼ばれる手術が行われることもあり、しこりのある側の反対側を縫い止めることによって曲がっている陰茎を通常の状態に戻す治療が行われます。しこりそのものを除去する場合にはしこりを除去したり切開したことによって短縮された陰茎を元に戻すために移植法と呼ばれる手術が行われます。また、それほど症状が酷くなっていない場合には手術をするのではなく投薬での治療を行うこともあります。ビタミンEの内服や患部への注射によって痛みを除去する治療を行うことがあります。症状の程度によって行われる治療方法も違ってきますので、何らかの症状が出たら早めに医師へ相談することが大切です。

Copyright© 2018 包茎といった下半身の悩みは病院に相談【包茎の手術形式はいろいろ】 All Rights Reserved.